06インド

2006年05月06日

インドおまけの1日

昨日、空港で妹に「なんかあったら連絡して」と言ってもらった携帯の番号
まさかこんなにすぐに役に立つなんて♪


朝目が覚めて早速電話

「プループルー…プループルー…プループルー…プループルー…」




(?_?)




何度かけても
「プループルー…プループルー…プループルー…プループルー…」



ちょっと朝早すぎたかな???



しばらくしてまたかけるが
「プループルー…プループルー…プループルー…プループルー…」



ひょっとして携帯放置|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||



しばらくしてかけても
「プループルー…プループルー…プループルー…プループルー…」



il||li _| ̄|○ il||li ガーン



何が「なんかあったらかけてね」じゃー、ゴルァ〜!!
かけてもでなかったら意味ねーじゃん!!

とはいえ確かに妹は「かけてね」とは言ったが
「かけたら出るね」とは言ってなかった…
あいつももうすでにインド人化してたのか (-_-;)




(*  ̄∀ ̄) あ♪

出国前に住所と電話聞いていて、確かパスポートにメモが♪




あった〜ぁ(ウルルン滞在気風に♪)





と言うわけで直接自宅に電話





でた〜ぁ(ウルルン滞在気風に♪)




早速連絡取って、ホテルをあとにする



ホテルの窓から




なんかこきたないんですけど、五つ星ホテル…

どっちかって言うと「五つ干し」って感じ

相変わらずスモッグがすごい

もし光化学スモッグ警報がこの国にあったら毎日学校は休み






タクシー
ダイハツのハイゼットのバン

メーターついてるのになぜか値段交渉

クーラーなんてないのが普通





なんとか無事妹宅に到着

今日も観光客の来なそうな所に連れてってもらう(^-^)





どっか

確かに観光客は来ないでしょう(笑)



お寺が7,8個かたまって存在する所に連れてきてもらった
さしずめお寺銀座と言った感じか…




どこ見てもお寺





お寺銀座の中でもさしずめインド人にとって有名な寺院に行くことに

入ろうとしたらいきなり大声出入り口の守衛に怒鳴られた

ん?

よくよく聞くと靴履いたまま入ってはいけないとのこと
隣に靴預ける所があるのでそこで預けろと…


と言うわけで裸足に

一見どうもないように見えるが、本日の気温は45℃な訳で…
それはそれは45℃にさらされたアスファルトは暑いわけで…
実際には両足ぺったり地面につけるなんて不可能ですから(泣)


あち!あち!あち!… と言いながら中へ



すっげー!

ちなみに金色してるのは金だそうです

金閣寺の勝ち!


大理石ならインドの勝ち!







内部は撮影禁止



30分くらいかけて見て回ったが、暑さでグッタリ
でもせっかくゲットしたおまけの1日だからせっかくなので他も行く




他の寺院



よく見ると土台は亀さんです


遠くに猿もいます



特に今日は風がものすごく強く


しかもその風はムッチャほこりっぽくって

さらに信じられないくらいの熱風

お猿までがけっこう遠かった

観光客2人発見!


お猿の姿の神様




かなりへろへろになりながらさらに次へ




なーんかすごかった



もう限界



ってことで昼食♪

今日は瓶のマンゴージュース

ネクターちっくで実にうまかった♪

パイ生地でできてるペティス

もちろん中身は当然カレー風味(笑)

カレーにトマトケチャップって…



ん?以外にあうかも♪



具が醤油風味の中華まんにカラシの関係みたいなものか ヽ(。_゜)ノヘッ?






ゴミとウシ

そういえば慶君(甥っ子)が言ってたっけ
「ウシエサはゴミ」って (^_^; アハハ…









白バイ発見








バイク屋さん発見

ホンダはヒーローなのだ(笑)



このあと帰って、ビール飲みながら少しブログの整理して、軽く晩ご飯食って

今日は3時間前に空港へ!!



チケットゲット♪



ゲートくぐっていよいよ出国


免税店でタバコ買おうと思ったら

キャッシュオンリー!!

しかもUS$(;_;)

そんなもん持ってませんから(/_;)



というわけで搭乗ゲートへさっさと行く



搭乗ゲート

奥がトイレの入り口なのだが、さらにその奥で

インド人座り込んでチャパティーでカレー食ってますから

恐るべしインド人!



機内ではなぜか眠くてひたすら寝てた
機内食食ってるとき以外はほとんど(-_-)zzz



隣に座ったベジタリアンインド女がなんか非常にうっとうしかった
飯のときにお祈りするのはいいけど、オレが食ってる所にぶつかってまで祈るな!



そんなこんなで関空へ

気温は全然低いけどスンゲーーーーーーーー蒸し暑く感じた

しかも雨だし…

それにしてもあらためて見ると日本てきれいだナー
ゴミ落ちてないし…
これじゃウシは生きて行かれへん (^-^;アハ

空港バスは出たばっかりだったので
帰りもはるかにした


妙にインドのコ汚いのが懐かしく思えた(笑)
もしかしてインドに嵌った?

たぶん来年もまた行くと思う (^-^;アハ


                                           終わり



sappa at 23:18|PermalinkComments(0)

2006年05月05日

五つ星ホテル『センタウロ』

オーバーブッキングのために滞在することになった

五つ星ホテルのセンタウロ

五つ星でっせ、五つ星!
期待に胸ふくらませてついてみると…



見て!この机  ( ̄□ ̄;)!! なんかきったーねし



部屋









五つ星ホテルってこんなんなん?

確かにバスは大理石でちょっと見きれいだけど…

でもこれが最高級五つ星ホテル??????




あとで判明したのだが

インドでは風呂でお湯が出て(日本じゃ当然じゃん!)
トイレにケツを拭く紙があって(日本じゃ当然じゃん!)
エアコンが効いていて(日本じゃ当然じゃん!)
清潔で(日本じゃ当然じゃん!)…
安全で(???)

って、のが当たり前ではなく

風呂は水が出ればいい方
ケツは左手で洗うもの
エアコンなんて贅沢
ゴミはその辺に落ちてて当然…
人の物はオレの物

恐るべしインド! ますますハマりそう(笑)



インド五つ星ホテル
よくよく観察してみると…

ドアノブ

昔懐かしい木枠ですから



電気のスイッチ

ちょっと引っ張ったら取れそうですから



微妙にいろんな所に隙間があります




風呂も扉閉めないとかっこいいんだけどね…
扉がボロすぎですから 



エアコンの吹き出し口と柱  
インド五つ星ホテルは隙間が好きなようで…



フロントでもらった明日の朝食昼食夕食お食事券

攻めて腹いせにムッチャ高いモノ食ってやろうと思ったら
最高300ルピーまで  およそ800円
インドではムッチャ高級料理食えそうだが、腹の立ってるオレの頭は完全に日本人化していて
「そんな安物食いたくなんかねー!」状態


明日になったらさっさと出てってやる!!



sappa at 23:42|PermalinkComments(0)

オーバーブッキング!!

いい加減にしろエアインディア!


オーバーブッキング
だと!

2時間も待たせて、訴えても「待ってろ」だけで

出た答えが
オーバーブッキング!かよエアインディア


ホテルは準備するしすべてこっちが払うから…
といいながら実際は国際電話は1本のみで3分以内じゃんか!

エアインディア


全てそっちが払うといいながら市内通話は自腹ジャン!

でたらめだらけじゃんエアインディア


しかもホテル側へそのことを訴えたら

エアインディアとの契約でそうなってるから…


契約でそうなってる…


契約でそうなってる…



契約でそうなってる…



ってあんた、よく起こるのかよこういうことが

じゃなきゃホテルと
オーバーブッキングの時のための契約なんかしないだろ

エアインディア!


しかもホテルからエアインディアに「さっき言われたことと違う」

とクレームの電話をしたら

「じゃあ今言うよ国際電話は1本で3分間等々」

「だーかーらーそんなことはわかってる。なんでもフリーって言ったのはどうなったん?」って言ったら

また「じゃあ今言うよ国際電話は1本で3分間等々」

「そーじゃーなくって…」

頭悪過ぎ
なんじゃないのエアインディア!



しかも挙句の果てにインド語でしゃべってきやがって

こっちが日本語で怒鳴り返したら切りやがった!

そんな企業体制でいいのかエアインディア!


ホテルのフロアーマネージャーに聞いたら


たびたびあること
だそうじゃないかエアインディア!


妹のドライバーにも聞いたらよくトラブルがあるらしいじゃん、

エアインディア


ホンマに腹の立つ対応ですよエアインディア


おかげで今日の仕事はキャンセル!

せっかくなので市内観光を少ししてきました♪


が、怒りがおさまりませんよあのエアインディア

電話の対応は!

日本に帰ったら早速日本のエアインディアクレームの電話だ!!



sappa at 22:34|PermalinkComments(0)

インド最終日目

今日はラールキラーとジャーマーマスジッドとクトゥブミナールへ行く予定

まずはクトゥブミナールから

この塔がそれ


13世紀の初頭に建てられたもらしい

ここはもともとヒンドゥーの寺院だったが、イスラム勢力によって破壊
イスラムは、その破壊して得られたレンガで孤の高さ70m以上もの塔を建てたらしい

へぇ〜

これまた世界遺産


これが入り口






 ↑
これを抜けた右側にあったのがこれ
                    ↓




いまあるクトゥブミナールよりもっと高いモノを作ろうとして失敗した残骸らしい

横に書いてあったなんか(笑)
読んで訳せる人は是非コメント欄に訳を載せて下さいm(__)mえふさんよろしく(笑)



まるでオーストラリアで見た蟻塚のよう





奥に進んでいくと壊れたなんかがたくさんあった
これらが壊されたヒンドゥーの寺院なのかナー?

















クトゥブミナールの横にあるクワットゥル・イスラーム・モスク
壊されたヒンドゥーの寺院の石で作ったインド初のモスクだそうだ




真ん中に立ってる鉄の棒









外側




クトゥブミナール






表面は1階は丸と三角で2階は丸で3階は三角でなっていた

これにいったいどんな意味が…(-_-;)

今回は観光ガイドつけてないので分からない(^-^;アハ


例によって誰か訳して下さい(笑)

犬とクトゥブミナール




あまりの熱さにリスも日陰でベトーっと溶けてました









妹が百ちゃんを学校に送らなければ行けなかったので40分くらいで観光終了

百ちゃんを幼稚園に送りに

甥(慶君)と姪(百花ちゃん)が行ってる学校(アメリカンスクール)

真ん中の門の前の小屋が警備員の小屋

ちなみに写真撮ってたら警備員がやってきて
「政府系の建物なので撮ってはいかん!」と言われ
パスポートを提示させられたりと色々聞かれたり…(._.)シュン

「撮った写真は消せ」と言われたので消したはずなのだがなぜか…(^-^;アハ
どうもセキュリティーの関係で写真はダメらしい



百ちゃんを幼稚園に送った後にお昼ご飯

ちなみに手前の銀の屋台は『冷たい水』屋さんです
一杯50パイセ。1ルピーの半分だから…1.4円くらい(^-^;
10杯売っても14円…おじさんの生活大丈夫なんだろうか…
でも以外にムッチャ売れていた

奥の店でドライバーのモノジさんがパコーラを買ってきてくれてランチ♪
パコーラはインド風天ぷらみたいな食い物
なすのパコーラとかカリフラワーのパコーラとかがうまかった
ちなみにやっぱりカレー味(^-^;アハ

隣のジュース屋

やっぱりすっかり定番の『マンゴージュース』を飲みました(^-^)



奥の少年、コップを洗ってます
2つバケツがあって1つは洗剤が入る洗い用、1つは濯ぎ用
流水使ってませんから( ̄□ ̄;)!! うーん、微妙…





それにしても今日も暑いッス







先日いったガバメントエンポリアム

ほんのちょびっとお土産を買いに

銀のビアマグと銀のシャンパングラスと木彫りの象の像を買った
銀製品はどれも1つ2000円もしない!\(゜o゜;)/ウヒャー




妹宅

いいとこ住んでます


ドライバーのモノジさんと妹夫婦の車



入り口のガードマン

って言っても日本だとさしずめマンションの管理人ってとこか…
でも見た感じはこっちの方がかっこいい(笑)



オレ(笑)








変える前にモノジさんにチャパティーの作り方を教わった
チャパティー=庶民用のナン(?)

用意するモノはアーター(粗挽きの小麦らしい)と塩と水

これで3人前


まず塩を少々



次に水を少々



で、よくこねます



必要に応じて途中で水を加えて



こねると言うよりグーで押します
ラップにくるんで踏んだらいいかも



指の型がつくぐらいの弾力になるまでこねて



さらに少々のアーターを

ナニに使うのか見てたら単なる打ち粉でした


フライパンを熱します

さっき練ったのをこびりつけて茶色くなったら適温だそうだ


このくらいの大きさになるようにちぎってつぶして



棒で薄く伸ばします



こんな感じ




厚さはこのくらい




油をひかずに素焼きして




それをトングでつかんで直火であぶります




できあがり♪



あとはカレーに付けて食べるだけ♪





ピンボケしてしまったが、百ちゃんの得意技『カモメ』

眉毛がカモメ(爆)


いよいよこれでお別れです(/_;)


普通の観光では行けないようなマーケットとかローカルな所に色々連れてってもらいました。
やっぱ地元の人がいてくれると色々知っててくれるので助かりますm(__)m



空港にて

みなさん気に入ってくれてありがとうございましたm(__)m

モノジさんはどうもオレと一緒に写ってる写真を神棚にかざって毎日拝むらしい(笑)
ホンマありがたいこってす(-人-)

でこのあと空港に入ってカウンターに行って

例の事件が起きたー!

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||



sappa at 20:29|PermalinkComments(0)

2006年05月04日

インド4日目

いよいよ今日はタージマハールへ♪

朝6時過ぎに起床

窓の外で一服中に下の家の庭の花に蜜を吸う鳥が来た






タージマハールのあるアーグラーはここから150キロ

7時ころに出発♪


朝日    相変わらずのスモッグです


ここでは直接太陽を見ても大丈夫(笑)


ほとんど車走ってませんから

ちなみに前の赤いのは郵便屋さんだそうです
インドでも郵便屋さんは赤なんだ〜


デリー市の出口  そろそろ通勤渋滞らしい



デリー市を抜けてひたすらアーグラーへ



通勤渋滞



場所によってはまるで中国




隣町の通勤ラッシュ



昔懐かしいポリスの信号



だんだん混んできました




通勤ラッシュなのに牛もいます




途中こんな田園風景の中を走りぬけ




あれ?まだ151キロもありました





通勤か?




やっぱり通勤か…




次の待ちでは本格的通勤ラッシュに




とにかくルール無用の交通ルール


何もお客さんが手で合図しなくても…




車には乗れるだけ乗りましょう(笑)





道路上にはいろいろな車が走ってます  


ちなみにこれはキャメル車



途中ハイウエーに





次の町は工業地域らしい…

トラックの路駐

当然クマも路駐です(笑)





何度も言いますが、乗れるだけ乗りましょう!





牛車ありーの馬車ありーのキャメル車ありーの…




 途中片側工事中のため…




いったい向こうから来る車は何者なのか…


ちなみにデリーから出たらノーヘルでOKだそうです



2つ目の有料ゲート   当然馬車も料金所に(笑)





そんなこんなでアーグラーまであと24キロです


ちなみに左下にはやっぱり牛が(笑)



もうじきアーグラー






目指すはタージマハール



やっぱり牛(笑)



アーグラーの町



中心地







途中で日本語のできる現地のガイドさんを拾って

いよいよタージマハールへ♪

車はタージマハールの手前1キロまでしか入れず
そこからはガイドさんと一緒に電気バスに






あとで妹に聞いたら前行った時に別の電気自動車に乗せられて
100ルピーも払ったらしい

オレは10ルピーでした…

妹さんカンナリぼったくられたみたい(汗)

ガイドとグルになってる場合が多いので気をつけましょう

って言っても現地の相場知らないと無理だよなー



いよいよタージマハールへ



750ルピーとは… まあ、世界遺産だし




まずはかなり厳しいセキュリティーチェックから
ちなみに今チェック受けてるのが雇ったガイドさん


ライター、カメラ以外の電池使用するもの(携帯とか)は一切持ち込めない



中に入った瞬間


王様が来たときの付き人たちの泊まるための部屋だそうです


これもぜーーーーーんぶ付き人用の部屋




タージマハールの建物へ行くための門


奥に見えるのがタージマハール



これが門の中から見たタージマハール!


感動で鳥肌が立った←ほんと


タージマハール  王さんの愛したカミサンの墓


結婚は今でもインドではほとんど両親が決めるもの(お見合い)なのだそうだが
コレを作った王様は1600年代に恋愛結婚で結婚し(当時絶対有り得ないこと)
17年の間に14人の子供を作ったそうな。
で、14人目を生んでカミサンは死んだそうなのだが
そのときの遺言が「ほかのねーちゃんと結婚しないで欲しい」
ってことと「自分を偲ぶ建物を建てて欲しい」ってことだったんだそうだ。
それで作った偲ぶ建物がコレ!(ガイド談)

すげーのを作るためにイランやペルシャから建築の専門家を
2万人インドに呼んで22年かけて作ったそーな…

そんなありがたいところで…


アホ!
   ↓


ちなみに下のいすはダイアナさんが来たときに腰掛けたいすだそうです(汗)



王さまは水に映ったぶれてる建物を眺めてカミサンを偲んだそうだ

ちなみに髪の毛1本の狂いもなく左右対称なのだそうだ

コレが入ってきた門  ようするにお墓の入り口



横から眺めたところ



いよいよ今からこの総大理石の建物に行くのだが…

靴カバーをつけないといけないらしい


ちなみにはかせる専用の勝手にお手伝いの人がいて
もしはかせてもらったら履かせ賃として10ルピーとか20ルピーとか
払わんとアカンらしい(チップとして)

俺は最終的にお世話になってしまったが…払わなかった(^^)
だってチップだから気持ちでしょ。
そんなのに払う気持ちはさらさらありましぇ〜ん

これが建物に上がるための階段



この階段も22年の年月と同じように22段からなってるのだそうだ
ちなみに全部大理石です!!!
400キロ先から運んできたらしい(*o*)






タージマハールの建物から入り口を望むとこんな感じ








ぜーんぶ大理石 しかもぜーんぶ手彫りの彫刻つき

建物(お墓)の中に入る所の天井


周囲に施してある象嵌細工


作り方の説明もしてもらったがどっかのホムペにでも載っているだろうから
ここでは割愛(笑)











この怪しいサングラスのおっさんがガイドさん
日本語ぺらぺら、英語もぺらぺら、わけのわからん冗談もぺらぺら(笑)

で、そこに見えてるのが入り口  もちろん内部の撮影は禁止











ちなみにカミサンの遺体は地下に埋めてあり
その上を誰も歩けないようにするために髪の毛1本の狂いも無いような
まったく同じ棺を作り埋葬されてる場所の真上に置いたそうだ。

ちなみに王さんの遺体は裏の川の向こう岸に黒い大理石で黒タージマハール
を作ってそこに安置する予定をしていたらしいが
準備中に息子に幽閉されてしまってその願いは叶わなかったそうな。

で結局嫁さんの横に埋葬されたらしい。

カミサンは建物のど真ん中に埋葬されたから
王様が横にきた事で唯一左右対象が崩れた部分ができてしまったそうな。


ここがその裏の川


黒タージが建設される予定だったところ
            ↓


一応整地はされていて着手した痕跡はわかる






タージマハールにくっついてる4つの塔のひとつ

何のためにこの塔はあるんだ???
ガイドさん説明してたかな??

コレは正面にある塔



正面左横にあるモスク


左右対称にするために右にも同じものを作りそっちは迎賓館にしたそうな



王さんのカミサンが2度目に埋められた所


カミサンは死んだとき別の土地に住んでいたのでそこに土葬されてたんだが
その後ここの囲ってあるところに移されて再び土葬され
その5年後にタージマハールの中心にミタビ土葬されたらしい



このあと来た道を戻りガイドさんと別れ昼飯へ
ちなみにガイドのカンさんは500ルピー(約1350円)でした
さらにちなみに1日付き合ってもらっても800ルピーだそうです(本人談)


時間があれば寄ってみたかったセカンドラフォート




夜7時からライトアップして音楽かかって…みたいなことをしてるらしい



ロバも大変です




町の中でトラックがひっくり返ってました



野次馬がいるわけでもなくみんな知らん顔  まあ珍しくも無いんでしょう





やはり今回はパスったが次回は行ってみたいスィカンドラー(?)






たぶんすべて象嵌細工! 結して絵を書いてるわけではありません





というわけで帰路



スタンドの奥で火を噴いてるのは火力発電所らしい





こんなお寺もありました  


なんか色使いというか雰囲気というかがどう見ても日本のパチンコ屋にしか見えなかった(汗)





目指すはデリー







帰りはほんとにいろんなものがひっくり返ってました









これはひっくり返ってるわけではありませんが…




いろんな種類の羊が混じってます






インドらしからぬ光景  道路がすいてます(笑)








途中の町  だんだんインドらしくなってきました



らくだ車




トラクター車が人満載で…




より一層インドらしく…










やっぱりインドはこうでなきゃ(笑)










晩御飯用のナンを調達しにローカルなマーケットに



ナン屋さん  ナンを焼く釜が見える



なぜか鶏が  こいつらも売られていくのか?



ごみの上でくつろぐ犬





このあと帰ってナンカレーをいただきました

地元白ワインを2本いただきヘンにできあがってるオレ(笑)



sappa at 23:04|PermalinkComments(0)

2006年05月03日

インド3日目

10時過ぎから市内観光へ
向こうに見えるのはインド門
写真は1日目に撮ったのだが…(泣)




なんか(笑)





すっかり慣れた2人乗りの光景
よく見ると横座りするようにちゃんと足置きが付いてる


ちなみにこのバイクよく見ると人が3人乗ってます
まるで間違い探しのように…



インド人に大人気の顔


どうやらふくよかほっぺとか輪郭とかが超インド人受けするらしい
通り過ぎるまったく知らない人によく顔を触られてた。
マクドでは店員に拉致されて奥まで連れて行かれ
みんなに触られ最後にアイスクリームを持って帰ってきた
エピソードまであるらしい(妹談)

ちなみに後ろに写ってるのは彼女の背後霊ですので気にしないように



1日目に観光したインド門



ジュース売りの少年



なんか有名な建物


ターバン巻いてる人はヘルメットかぶらなくてもいいみたい
さっすがインド!!



ブランチしにローカルなバンガリーマーケットに


当然日本人なんていない

ここでブランチ



店内はまるでマクド(笑)






一番右にちょこっとあたまの見えてる人がレジのおじさん



揚げ物してる所


右のおじさんぜんぜんやる気ありませんから!


食べたのがこれ  バトゥーラーチョレ(?)




食後に飲んだざくろジュース マンゴージュースのほうがうまい




せっかく頼んでくれたスイートだが1口で断念 俺には無理


味は…  

覚える暇もなく断念! 

ちなみに白っぽいのはヨーグルト



政府系のお土産屋さん
ここならぼったくられることは無い




中は中二階とか中三階とかがある4階ぐらいの建物

結構全部まわるのに時間がかかった

かなり疲れました



別なお土産屋さんに行く途中で事故に遭遇


ちょっとした追突事故でした

ちなみにジムニーがポリスです



次に行ったお土産屋さん
デリハート 入場料15ルピー払って入ります  約40円









この並びの中で石の彫りものの像を買ったんだが
はじめに250ルピー(700円くらい?)って言われて
「高いからいらない」って言ったら
「いくらなら買うか?」って聞かれて
「100」って言ったら
「150」って言われて
「いらない」って言って帰ろうとしたら
呼び止められて
「わかった」って言われて
100ルピー(270円くらい)で買いました♪

     これ ちょっとピンボケ
       ↓
ぞう
さらに1つ20ルピーのキーホルダーを
8個で100にしてもらったり…

大阪のおばちゃん連れてきたら
超お買い得な買い物ができます(笑)



でこのあと子供のお迎えに行って…


当然ですがパキスタン大使館




で、ガンジー館へ





なぜかたそがれてる甥っ子









ガンジーが撃たれたあとに倒れるまで歩いたらしいところ



で、ここで倒れて死んだ(らしい…)





さあみんなで祈りましょう(-人-)



で、ここで百花ちゃんがインド人の一緒に写真撮ろう攻撃に合い記念撮影




ローカルなカンナマーケット
当然日本人はいない(笑)





ゴミが多いというよりインドらしいという感じ



次に行ったコートラマーケット


ここはまさに想像していたとおりのインド!

当然日本人はいない。
ってより観光客はいない(笑)
一人だったら入っていく勇気ありませーんって感じ
ってより英語通じませんから(^ ^)




踏み切りの渋滞


で、踏み切り待ちの間に不衛生感満点のサトウキビジュースで
のどの渇きを癒す


搾りたてです♪

ハエがたくさんたかってますけど気にしません

味は甘くて青臭くて生暖かくて…
でも暑くてのど渇いてるからうまかったっす!

これで一杯30円は安いのか高いのか???


そうこうしてても踏み切りは開かないので…



みんなくぐって渡って行きます






このマーケットにはとにかく牛がいっぱい


えさはどうやらゴミらしいです(ほんとの話)


中にはこんなのもいます まるでバッファロー


カメラ向けたら横向かれてしまった(汗)


さて、買い物終わって戻りはサイクルリキシャーで


結構いい風が来て快適♪

でも、帰りも踏み切り渋滞に…


ちょっと記念撮影 ノモジさんと慶君とオレ



待つこと数分 踏切が開かないうちに無理やり押し上げて…


行け〜〜〜〜〜ぇ!!




牛だって開くの待ってました♪



最後に150円くらい払って…って、高くない?!

これがサイクルリキシャー

語源は人リキシャー



デリーの夕日  スモッグのせいでかなりきれい




夕食の調達 今日の夕食はバターチキンカレーとマトンカレー

ここの中のカレー屋さんで買って帰ります

ここもよそと一緒で日本人には会いませんでした〜(^ ^ ;


今日はインド産の白ワインです。 
決してまずくは無いんだけどなぜか悪酔いします。


中央のインドウイスキーは相変わらずラムテイスト

もちろん普通に悪酔いしそうな味です♪

というわけで今夜も撃沈です



sappa at 23:38|PermalinkComments(0)

2006年05月02日

インド2日目

つぶれたカメラをドライバーのモノジさんの知り合いの
富士フィルムのデジカメのプロの人のところに持っていった。
これで残ってるデーターの一部でも帰ってきてくれたらうれしいのだが…




さてその足で市内へ。あいかわらず半端じゃない車の量


国際免許持ってきたけど運転できるわけない(笑)

とにかくクラクション鳴らしまくりでみんなわれ先へと走る
前の車見てもわかるようにミラーなんか誰も見てない!

2車線に平気で車3台4台入ってるから俺なんかに運転できる国ではない!




ローカルな屋台
ここで朝ごはん買ってきてもらった♪



まずはマンゴーシェイク
これがまたうまい!!



これがサモサ



中身は当然…

カレー(笑)






市内観光へ


すごいダストです
乾燥してるのでほこりが舞い上がってるのかなー?


昔懐かしい光景(笑)
かつては日本もこんな2人乗りしてましたねー
しかもノーヘルもOKだったし



オートリキシャー


人力車の力車が語源らしい

こんな感じの3輪車
リキシャー





















まあとにかくどこ行っても市内はこんな感じ





バサントロックへ
日本で言う原宿?とからしい
よーするに若者の集まるところだそうだ






マクド。これまた微妙に安い。



ポテトのSが70円か80円くらい
アイスコーヒーが90円くらい 

ちなみに下に写ってる日本人が妹とその子供です
ちなみにポテトをせがんでる最中です(笑)


なかなかインドらしい歩道







平日の午前中だというのにシネマが大人気
みんないったい何してる人?仕事は?学校は?




日本で買ったらマンゴーは高いがここでは売るほど並んでる(笑)
1つ50円もしません♪






こんなもんまであった



なにげにおいてあったベンチ
まだまだ現役です。こういう感じがいいっすねー♪





このあと子供を幼稚園に送って家に帰って昼ごはん

モノジさんがご飯を炊いてくれます
左手を隠して右手だけで作業してるあたりがインド人!
ちなみにご飯の中に入ってるご飯じゃないもの(笑)を取り除いてます



パッパルを作ってます。ってか、油で揚げるだけ。


こんな感じのパリパリのもの



これが本日の昼ごはん





午後はお寺に行きました


相変わらずの交通量です
しかも相変わらずダスティーです






絶対こんなところ運転するの無理(笑)
どうりでドライバーという職業が成立するわけだ



よくわかんないけどオブジェ
西郷さん見たいのもいる(笑)



お寺
何度聞いても名前は覚えられない(笑)


おてら2


















中は撮影禁止なので概観だけ
インドらしく中のすべての装飾が像でした
おてら3


















ちなみに入場は無料



次の場所へ
みち

















行き先は不明(笑)

みち2牛

















たぶん牛

みち3牛

















バスを待ってるわけではないと思う

みち4牛

















この地区はとにかくたくさん牛がいた



行き先はロータステンプル

駐車場への道なのだが…
ちょっと道の作り方に無理があるような気が…
ロータステンプル1



















これがロータステンプル
ロータス=はす だったっけ?
ロータステンプル2


















どこへ行ってもダスティーです

ロータステンプル3



















ロータステンプル4


















ロータステンプル5


















ロータステンプル6

















すべて大理石

ロータステンプル7


















むっちゃすごかった!



帰路
道路



















毎日が黄砂状態
太陽




















晩御飯でもモノジさん登場
チャパティー(ナンのちっちい版?)を作ってくれました
これは作り方教わって粉買って帰ってうちでも作ってみたい
晩御飯


















晩御飯2


















晩御飯3


















晩御飯4


















というわけで晩御飯も当然カレーです(笑)



sappa at 23:13|PermalinkComments(6)

2006年05月01日

インド1日目

大ショック!!

今日の分の写真が全部吹っ飛んだぁ〜(大泣)

さっきインドウイスキーの写真撮ってるときに突然書き込みがおかしくなり
そのままメモリーカードがお亡くなりに…


というわけでとりあえず文章で…
写真はまた機会があったら取りにいってくる

今日はまずINAマーケットというローカルなマーケットに連れてってもらった
生きてる鶏とかすんごいデカイ魚とか売っていた
足元はびちょびちょしてるしハエは多いしでインドらしさ満点!

でそのあと昼ごはんを食べに
タリという一度でいろいろ楽しめるのを注文
文章ではその内容はまったくわからんなー(泣)

でそのあとインド門へ連れてってもらって
立ち売りして10ルピー(30円)くらいのローカルな食べ物を
2種類食べ…

あ〜、嘆いてもしょうがないが全部写真採ってたんだけどナー
でインド門周辺をぶらぶらして

晩御飯はタンドリーチキンとナンとチキンカレー

家に帰ってきてからインドのウイスキーを飲み
これがウイスキーってよりやっぱりラム味で…
しかもなんかむっちゃ悪酔いして頭がイタイイタイ

というわけで写真はまた明日



sappa at 23:48|PermalinkComments(2)

2006年04月30日

到着

初インド!

結構緊張

イミグレーション通った後、預け手荷物のないオレははあっさりと出口へ

これといって手荷物の検査があるわけでもなく知らん間に出口に
空港

















こんな感じでわんさかお出迎えの人が待っている

ちなみにいきなりターメリックのにおいがした



6年ぶりくらいに妹と再会(^-^;アハ


とりあえずはまずおしっこ!



空港の公衆トイレへ
トイレの入り口に誰か机構えて座ってる
「?」
妹が財布からお金取り出し…
「え?有料???」
インドってただではオシッコできないの?(;´Д`)



そんなこんなで空港の外へ

今度は外に出た瞬間サウナの中のニオイがした(笑)


妹と妹のところのドライバーが車で迎えに来てくれているので安心
空港2


















ちなみに写真の人は車を引いてあそこまで移動させました
サイド引いてないようです
妹いわく「ぶつけて止める」そうです。。。唖然 恐るべしインド!


さて、車に乗って妹一家の住んでるところへ


それにしても信じられないくらいの大混雑!
絶対自分で運転するのは絶対無理!!
渋滞はしてないんだけどとにかくすごい混雑!!!
ドライバーさんはその大混雑の中をすいすいと進んで行き
妹一家のうちへ


びっくり!!
ガードマンがいる!
これまた恐るべしインド

暗いので写真はまた明日


家の中も暑い暑い暑い暑い

まるでインドというとてつもなくデカいサウナに来たみたい(汗)


キッチン

















とりあえずキッチン

床がどこもかしこも大理石ってのがすごい!



すべての部屋にこんな扇風機が付いてます
ふぁん


















それにしても夜なのにぜんぜん涼しくなりません

とりあえず今日は浴びるほど飲んで寝る



sappa at 23:10|PermalinkComments(0)